HOME  作成 佐藤敏宏
      
関係者への聞き取り記録 
記録一覧へ戻る  SDL2018 各プレゼン


 質疑応答 

 168 (女性)


 よろしくお願いします。まず物語を読むことは様々な道徳や常識、そしてあらゆる感情を人々に教えてくれるものだと思います。私の母は言語学者です。毎日多忙な母ですが、私が幼かった頃は、よく世界中の面白い昔話を読み聞かせてくれました。そんな母から教わった「物語、言語・言葉の面白さと、現在私が学ぶ建築を結ぶことができないか」と考え、この卒業設計に取り組みました。

 建物語、それは訪れる度に、読者自らが既存の物語に囚われず、自らの物語を紡がせる、そういったシステムです。そして文面からだけでなく、五感を通して物語を読み取ることの出来る、ビブレオテーカ(図書館・ラテン語)です



 あ、ふふふっふ。進まないです。ありがとうございます。

 えとー、まずリサーチについてなんですけれども。物語は建築と同様、構造を持つものだと思います。その構造を明らかにする手法の一つに、記号学というアプローチがあります。



 今回参考にしたのは、ラウジミール・プロップというロシアの・・・あれ、どこに・・ふふふ(裏方によるpc操作が順調でない)・・戻る、あー。ちょっと。はいありがとうございます。大丈夫ですね。ありがとうございます

 今回参考にしたのは、ラウジミールプロップというロシアの民俗学者による本です。『昔話の形態学』という本なんですけども。



 彼によると、昔話しには31の展開があります。例えば、昔々あるところに、という導入の展開や、あれ、・・ えーと。・・シンデレラが幸せに結婚しましたという。結婚の展開などがあげられます。そして、それらの幾つかを用いると、世界中の物語すべてが、構成できることが分かりました。

 次に物語の空間化について説明いたします。



 まず、私が行ったのは10の建築要素を抽出し、それらが人間に与える本能的な感情や影響について、考えました。そしてこれらの、シンボル、建築記号を用いて31の物語の展開一つ一つを空間化していきました。それらを記号空間と呼びます



二つ、飛ばしてください、次です

全体構成について説明いたします。



 人が本を読むときに行う行動をもとに持つような、空間を選定いたしました。記号空間はさきほど同じ形状もと、に4.5×4.5mのダブルグリッド状の4層に配置しました。




 そして最後に、建物語の読み方についてなんですけれども。



 こちらが、既存の物語を読むときの、えーと・・体験とお話の展開を図示したものです。



 そしてこちらが、オリジナルのお話を自分で紡いでいくとき、あらゆる話の展開を読み紡いで行くときの体験と、お話の展開を図示したものです。








 こうして建縦物語が、人々の心に一冊の本としてだけでなく、体験として読まれるものとなることを願い、私のプレゼンテーションを終わらしていただきます。

ご清聴ありがとうございました。

 4:22

 会場: ぱち ぱち 





  質疑応答

門脇:31の建物類型を物語、物語類型の経験全てが、この建物で出来る。そういうものですね。

168:はいそうです

門脇:それから、31なのかな。物語の構成要素を、形態の要素に翻訳する手つき、というかルールは、どういうものなんでしょう。

168:まず、パワーポイントをもう一度使ってもよろしいですか。私が行たのは、10の建築要素を抽出して、それがが人々に与える影響。例えば、柱とかが、あ、えへへへ。違うな。何かの囲まれていると、圧迫感を感じるとか。そういった、えーと〜建築のシンボルみたいなものを抽出して。それらを使って、お話の展開で、これがどういう展開かを考えて。例えば切迫感のある展開だと想ったら、そういう、どうやったら切迫感を演出できるかとか。

門脇:いや、たぶんね。昔話の形態学は、一回結婚しましたみたいな展開を、ハッピーエンドみたいなかたちで抽象化していると思うんですよ。その抽象化、たとえばハッピーエンドはどんな建築言語になるかと。具体的に説明してもらった方がたぶん、いいじゃないかと思うんですよ。

168:実際に、例えば戦いのシーンとか具体的に作って説明したいんですけれども。スライドをどんどん送っていただいていいですか。ありがとうございます。

例えば、これは闘い、H戦いというシーンの空間なんですけれども。柱を分散させて、それらに囲まれた所で読者が本を読むことで、切迫感とか、違和感を生じ、感じながら、その展開を読む事ができます。

その次お願いします。こちらは、大きな、全部・室内なのに、いきなり大きな開口がある空間に入るんですけども。そうしたときは、今までとちょっと違った空間体験を味わいながら、変身、浦島太郎がお爺さんになってしまったとか。そういった展開を読む事ができます。

門脇:分かりました

168:大丈夫ですか、すみません ふふふ

辻:これ、使い手は。誰が使うのかね。

168:本を読む人みんな ふふふ という設定です

辻:お部屋と廊下に分かれていると思うんですけど。廊下の意味と、お部屋の空間のスケールの設定、4.5mでしたっけ。それ、なんでそうなの、寸法なのかっていうのを教えてください。

168:まず、最初の質問に対してなんですけれども。廊下が在るのは本を読むときに頁をめくったりしながら、読むじゃないですか。そういたときに、ちょっと本から目を離して、ああ主人公はどうなんだろうとか。回想したりとかすることが、実際にあると思うんですけど。そういった空間を設けようと思い、廊下を作りました。

で、二つ目の質問なんですけども。4.5m×4.5mにした理由は、全ての展開に対応できるグリッド、全部単一な重みなので、全部を揃えたいと思たときに、ある程度大きさが うん。簡単に言いますと、全部の展開を作れる大きさ、ミニマムな大きさは何だろうと考えたときに、4.5m×4.5mに行き着きました。うふふふ 大丈夫ですか




磯:オリジナルの話をつくる、って話がありましたけど。それは部屋を通り抜ける順番を変えていくと。経験する人によってエピソードの順番とかが変わって、それぞれ独自のストーリーになると、いうことですか。

168:エピソードの順番も自分で選べますし、その部屋で、例えば戦いの展開の部屋で、どのお話の戦いを読むのか。例えばそれが金太郎なのか、浦島太郎なのか。

磯:それはどう通り抜けてもお話、ストーリの整合性みたいなのは保たれるんですか。なにか矛盾が起きたりしないんですか

168:保たれるという実証をしたのが、二番目の断面展開模型なんですけども。たぶんというか、大丈夫です。一応ルールは、ある程度のルールは設けたんですね。例えば登場人物を全部。

磯:でも廊下挟んでいるから、どういうふうに部屋を回るかっていうのは、どうでも行ける、っていう事なんですかね。

168:そいう事です。もし既存の話を読みたいときは、そのルールに従ってマップが渡されるので、そのルールに従って進むんですけれども。そうではないとき、自分で好きなようにお話しを紡いでいきたい、と思ってこの建物語を読むならば、自由に歩けます。自由にお話を紡いだり、でそれが成功するはずです。

磯:物語が先にあるのか、空間の体験が先にあるのか、どっちなんですか。

168:なるほど。まず空間の体験が先にあります。で空間の中に入って行って「わーすごい切迫感あるなー」と思って本を開いて、その緊張したシーンとか。幸せのシーンとか。色んな、あると思うんですけど・・を読んで行きます。



青木:自分で気付いているのかどか、分かんないんですけども。全体の作りは立体格子って言ったらいいのかなー、出来ていて。その中に形態要素が入って来るから。要素以外、吹き抜けとか、隙間とか入っているでしょう。その隙間とか、吹き抜けが魅力的なんですよ。つまり貴方がこの物語要素に準えて作っている建築要素の裏側、って言ったらいいのか。そっちをポジとすれば、ネガの部分が、この建築を作っている、というふうに見えるんだけど。それはどう考えているの。

168:廊下のアーチを考えるときに、そこにはとても拘ってみました。その元々は四角い、つまりアーチを描いてなかったんですけども。そういったものが連続するよりも、この壁と壁の間に出来た空間をより、面白く見せるのは、こういったアーチがいいんじゃないかなーと。そういった感じで、スタディーを進めて行きました。

魅力的だと私も思います。ふふふふ。

青木:それを聞いたのは、さっきの説明の中で言うと、その説明の中から、そこは含まれないじゃないですか。

168:そうですね

青木:だけど、貴方がやろうとした事は、さっきの説明の内容でしょう。物語にも構造がある。そういう構造の作り方で建築を作っていけないか、っていう事なんだけども。ちょっと違うところに、つまり行ってないですか、っていう質問なんですが

168:違うところへ・・・無意識です えへへへ



門脇:でもさー、物語構造の補集合というのがあって、物語世界の外が魅力的だと想ったわけでしょう。それは物語の構造じゃない部分なんだけども。その事をどのように捉えているんでしょうか。どのように思っているでしょうか、っていうのが青木さんの質問だと思うんですけど

168:構造以外のところは、どのように捉えているか。えへへへへ。

門脇:すなわち、物語では書けなかった部分が空間化している訳ですよね。大変魅力的に。だとするとそれは貴方にとって、どんな意味なんでしょうか。あるいは卒業設計のこのトライアルの中ではどのように、その意味を発見できるのでしょうか。っていう質問。

磯:貴方が物語作家にならないで、建築家になろうとしているのはなぜですかっていうことだよ。

168:ふふふふふ。うーんと。ちょっと難しい質問ですけれども。なんですかねー。

門脇:後半にぜひ聞かせてください。

168:分かりました。ありがとうございます

司会:考えておいてくださいね

168:はい。

司会:じゃーみなさん大きな拍手をお願いします

 会場 パチパチパチ
記録一覧へ戻る